スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日記 09/12/24

そういえばテレビ買って一年経ちますが、ゲームやDVD(ブルーレイも含む)を見るためにテレビをつけることはよくありましたが、テレビ番組を見るためにテレビをつけたのはここ一年で7~8回もないような気がします
ほとんどがCSのゲームセンターCXで、地上波は2~3回くらいですかねー
一応ゲームや映画鑑賞で結構使ってるので買って良かったとは思ってますが、ぶっちゃけテレビチューナーは地デジもCSもBSもいらないですw


■お台場ガンダムその後
夏に見に行ったお台場ガンダムですが静岡に移設されるそうです
お台場の実物大ガンダム、静岡に移設され新幹線の車窓からも見られるように - GIGAZINE
>JR東静岡駅前に移設することになったそうです。
そこかよ!
と静岡人なら皆ツッコミを入れたくなったはずw
まあ比較的バンダイが近いし新幹線からも見えるし妥当といえば妥当なんですが・・・w


■FF13
7章まで進みました
でもまだ序盤みたいな雰囲気が・・・w
というか回想とムービー多すぎだろ!
そしてライトニングさんがどんどんショタコンに見えてくる・・・w


■FF11
・裏サンド
今回はみぜで行ってきました
開幕1匹目の石像からいきなりモニヨンがでましたが希望者が多すぎたのでさすがにゲットならずw
でもいきなり1匹目で出ると長い裏時間もやる気が出ますねw


■秋田禎信BOX - オーフェン
昨日夜寝る前にちょっとだけ読みました
ガッツリ朝まで
500ページ以上あったのでちょっとだけ読んで寝ようと思ってたんですけどね・・・読み出したら止まらなくてムリ!w
今日仕事なのに超眠いですw

↓以下ちょっとだけネタバレというか設定メモというかオーフェンに興味ない方はさっぱり意味がわからないかとw
 メモ程度なのであまりネタバレないですが一応注意


登場人物とかはこちらが詳しいかと
魔術士オーフェンはぐれ旅・後日談の登場人物 - オーフェンペディア

・キエサルヒマの終端
以前にあいつがそいつでこいつがそれでを読んでいたので内容は把握してました
ネットで不定期連載していた時は「あいつ」「そいつ」「こいつ」だったので分かりにくかったですがだいたい人物名は合ってました
やっぱり正式名称だとわかりやすくていいですねw

・約束の地で
レティシャとフォルテの息子のマヨールが主役
妹のベイジットと一緒に新大陸にあるオーフェンが校長の魔術師学校を見学に行くというストーリー
予想以上に長い話でした

マヨール・マクレディ(息子)
顔はレティシャそっくりらしい
優秀で冷静ぽいので性格は父親似?

ベイジット・パッキンガム(娘)
父母どっちにも似てないらしい
容姿がというより性格がでしょうねw

最初の方からなにやら妹が企んでるなとは思っていましたが、想像以上に危ない企みだったw
この話は全てこの妹のせいと言ってもいいかもw

大方の予想通りオーフェンとクリーオウが結婚していて娘もいました
娘がいることは無謀編で予想できていて2人だと思ってましたが、3人姉妹だったのですねw

ラッツべイン(長女)は無謀編そのままで師匠はマジク
魔術の素養はかなりありそうで、マジクと似ているのでマジクを師匠にしたらしい
天然

エッジ(次女)はクール系で戦闘系、師匠はオーフェン
オーフェンが師じゃないと嫌だと貫き通したためらオーフェンが師匠らしい
父親絶対主義

ラチェット(三女)は普通にオーフェンが校長の魔術学校に通ってる
成績は中の下
成績を特に気にしていのでそのうち下の上になるとかなんとか
素養があるのかはしらないけどやる気はそんなないみたいですね
レキが3姉妹の中では一番なついてるぽい
発言を見てる限りかなり良い性格をしているのがうかがえるw

オーフェンは相変わらず魔王の力を持っているようです
オーフェン・フィンランディと名乗っているのでキリランシェロの名前は後日談でも完全に捨ててるぽいですね
新大陸の事実上最高権力者に近いみたい

話にはさっぱりからまなかったけどクリーオウも昔活躍してたのですね(カーロッタ絡み)

レキが普通にペット化してたのは笑いましたw
知らない人にはちょっと変わった大型犬くらいにしか見えないのねw

神人種族の話を中心に進行しつつ後日談のネタバレ設定を色々明かしてくれました
白魔術のこととか魔王とか
秘書のケシオンはケシオン・ヴァンパイア本人かと思ってたけどまさかの魔王スウェーデンボリー本人とか
↑ちょっとネタバレすぎるので興味ある人だけ反転
ノリは全体的にはぐれ旅本編て感じでしたね

・魔王の娘の師匠
タイトルの予想通りマジクのお話
マジクがオーフェンが見つけてきたお見合いに嫌々出席するというストーリー
ノリは無謀編に近いですがあそこまではっちゃけてはいないです

マジクの成長した姿が見られます
行使する魔術もかなり成熟しているようです
はぐれ旅の時は師匠と弟子の関係でしたが、今ではオーフェンにかなり頼りにされているようでした
出世はできないみたいだけどw


はぐれ旅本編の最後はオーフェンとクリーオウが分かれて終わりだったのでちょっと寂しかったのですがハッピーエンド風味な公式後日談が読めてよかったです
(無謀編最後を読めばオーフェンとクリーオウが無事合流できたようなことが何となく想像できるのですが)

空の境界の未来福音もそうですがこういうニヤリとできる後日談が読めるのは幸せですね(*´Д`*)
[ 2009/12/24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

【重要】投稿する際に確認画面にて画像認証が必要です

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://inukami.blog49.fc2.com/tb.php/449-69cf731b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
br /